気まぐれ Art note

洲之内徹が連載した「気まぐれ美術館」に憧れてます。

佐渡祭祀文化研究所

畑野の大久保というところに、真禅寺という真言宗智山派のお寺があります。

佐渡 真禅寺

 

f:id:karryart:20180708125033j:image

お寺の遊歩道を歩いていくと、見事な竹林があり、10分ほど歩くとザーザーと水の音が聞こえてきて、目の前に滝が現れます。

ここを鍋倉の滝といいます。

文覚上人が滝行をした場所だと言い伝えられているから、滝の隣に文覚上人像が立ってるんですね。この石像の造形については、美術雑誌編集者&美大卒の学芸員としては一言申し上げたいところですが。。。


f:id:karryart:20180708125045j:image

ここを初めて訪れたときの、この場所が持つパワーは忘れられません。パワーを感じるか否かは人によると思います。しかし佐渡のお寺でパワーを持っているお寺って、あまりないと思うんです。神社仏閣が多いという佐渡。そのなかでも群を抜いて美しいお寺が、ここ「真禅寺」だと思います。


f:id:karryart:20180708125049j:image

滝の側に大日堂が建てられています。真禅寺の御本尊様は大日如来様です。大日堂の「大日」は、大日如来様のこと。大日如来様は本堂に安置されております。この大日堂には不動明王様がいらっしゃいます。

大日如来様と不動明王様は表裏一体、という意味のお話を教わったことがあります。

 

f:id:karryart:20180708125039j:image

大日堂では、毎月28日の朝7時から護摩祈祷をしています。なぜ28日なのかというと、不動明王様の縁日が28日なんだそうです。 

 

f:id:karryart:20180708125311j:image

真禅寺の敷地はざっとこんな感じ。 

 

f:id:karryart:20171102165837j:plain 

ここのお寺は庭が大変美しいです。庭が美しいと、心が洗われるようです。 逆に庭が荒れていると、その土地そのものが荒れているように感じます。

 

f:id:karryart:20180708125402j:image

電信柱が景観的に邪魔ですなぁ。


f:id:karryart:20180708125430j:image
f:id:karryart:20180708125426j:image

1本の木をどう見るか。


f:id:karryart:20180708125410j:image

f:id:karryart:20180708125406j:image

築山庭園。


f:id:karryart:20180708125414j:image

ご挨拶して、通ります。御本尊様にも。手を合わせて一礼。皆さん、お寺に来たら御本尊様にはご挨拶していただきたいです。1番大切な方ですから。見ていると、素通りする人がたくさんいます。なんで人と会う時は挨拶するのに、御本尊様にはご挨拶なさらないのですか。信仰とか宗教という問題よりも、訪れた場所で1番偉い、大切にされている方にご挨拶していただきたいです。

 

インドに行ったときは、会う人会う人にとにかくナマステ合掌でしたよ。

 

f:id:karryart:20180708130112j:image

納屋。

 

f:id:karryart:20180708125854j:image

納屋は茅葺屋根でして、銅板⁈を被せてあるようです。内部からロープワークを見ることができます。おおお、民俗資料室だ。


f:id:karryart:20180708125859j:image

土壁。美しい。

粗末だけれど、品があります。


f:id:karryart:20180708125418j:image

これは庫裡の床。畳をはぐったら出てきました。見た瞬間、(いい床だ!)と思ったから、これを活かしたいと思って、畳を全部はぐりました。ただね〜、床がぶよぶよして傾いているし、大工さんに見てもらった時に「床下全部ダメだね!」って言われました。

全体的に修繕しないと、とってもじゃないけど使いづらいです。半分は朽ちてるに等しいですね。

 

f:id:karryart:20180708222122j:image

田の字型の間取りと教わりましたでしょうか。梁が見事です。茅葺を塞いでありますなぁ。せめて梁を活かす塞ぎ方をしてほしかったね。

このやり方は美しくない。


f:id:karryart:20180708222318j:image

神棚。寺に神棚があるんだぁって言う人がたくさんおります。神仏習合佐渡のお寺なんてほとんどすぐ側に神社があって、神仏セットに建てられておりますよ。

 

さて、なんで真禅寺の紹介をするのかというと、ここは数年前から無住寺でして、この場所に一目惚れした人が、事務所にしたようです。

佐渡祭祀文化研究所」

といいます。


f:id:karryart:20180708125422j:image

本がありすぎて片付かないわー‼︎

修繕したらデスクも本棚も増やしたいね。

ここに知が結集するの。建築、民俗、美術、考古、歴史、各専門家が集まって、研究の拠点にすればいいと思います。真禅寺だけでいろんな研究ができるよ。素材があるから。

 

f:id:karryart:20180708125729j:image

研究所が所蔵する、東洋陶磁コレクション。

素敵な器でお茶でも出しましょうか。

 

寺掃除Ⅲ

7月7日  七夕です。

土砂降りの雨で、全国的に豪雨の被害が出ています。大雨洪水、土砂崩れの被害がもうこれ以上広がらないように、多くの人が無事でいますように、、、早くもとの生活に戻れますように。

 

天気がどうかしてると思います。

世の中いろいろどうかしてるよ。

天気も。政治も。司法も。教育も。全部。

 

 

さて、午後から粗大ゴミ運搬作業。

蔵から出てきた、どう逆立ちしても廃棄しかないモノをですなぁ。きつい、きたない、くさい、なんでわたしがこんなことせにゃあかんのだ。この細腕で。

 

世の中どうかしてるよ。

f:id:karryart:20180707162555j:image

トラックの荷台に乗るだけ乗せて。

 

f:id:karryart:20180707162607j:image

この日は、若手茅葺職人さんが手伝いに来てくれました。というわけで、こちら茅葺職人さんのトラック。2台使って、乗るだけ乗せてクリーンセンターへ。

 

f:id:karryart:20180707230558j:image

戻って来たら、雨宿りしながらちょっとだけ屋根の話をしました。寺の山門を造る技術とか、すごいよねぇ。見るたびに毎回見とれます。

 

働いたから、和尚様からのご褒美。

みんなで焼肉。

f:id:karryart:20180707230617j:image

楽しい時間をいただきました。

f:id:karryart:20180707230630j:image

 

あ、楽しそう?

ご参加ウエルカムです。

特別奉仕作業+慰労会のセットで。

 

寺掃除Ⅱ

10日の日が御霊だということで、襖をすべて開け放ちました。開け放つと、スカッとしますね。

f:id:karryart:20180707113757j:image

 

f:id:karryart:20180707114043j:image

本堂に向かって左の間。

 

f:id:karryart:20180707113912j:image

本堂に向かって右の間。

右の間が、昨日まで廊下の荷物置いてゴチャッとしていた場所です。ここで仏具磨いたりして、いろいろあったよなぁ。

ここまですっきりよ。

 

f:id:karryart:20180707113938j:image

本堂突き当たりの廊下。ここを左に曲がると、例の物置状態なわけです。

さて、どうなったでしょうか。

 

f:id:karryart:20180707114000j:image

ま、物置だが笑。結局は棚を置きませんでした。ダンボールの中身は、冊子や書類で、配ってしまうとなくなってしまうものでした。必要なものだけ戻し、2011年が賞味期限のペットボトルが何本か発掘されましたが、捨てました。

捨てなきゃならんものは、捨てます。

 

f:id:karryart:20180707114016j:image

三間間⁈  

建築のことはよくわからないけど、かっこいいですなぁ。和室。

夏の間は、開け放ったままでいいんじゃないですか⁈ 

 

 

 

ちなみにここは玉林寺というお寺です。

貸し間プランがあるようですよ。

f:id:karryart:20180707120452j:image

 

すさまじい掃除ストーリーがありますから、いつか暴露したいと思います。www

 

 

 

 

京町茶屋

ここは佐渡の相川地区、京町通りにある「京町茶屋」です。カフェなんですよ。実はわたし、一回も来たことありませんでした。ごめんなさい。だって、家から遠いんだも。。。

http://amp.visitsado.com/spot/detail0479/

 

今回はご縁があって、ランチに行きました。

f:id:karryart:20180706162605j:image

 

f:id:karryart:20180706162621j:image

木の看板がいい感じ。

 

f:id:karryart:20180706162645j:image

わー。この天井テンションあがるー。

 

f:id:karryart:20180706162704j:image

オーシャンビューです。

天気が悪かったし、携帯の撮影だからあんまりきれいに撮れなかったけど、素晴らしい眺望でした。窓から見える景色は、一枚の絵です。大きなキャンバスに、海の絵がダイナミックに描かれている、そんな風に景色をみます。

 

f:id:karryart:20180706162721j:image

f:id:karryart:20180706220842j:image

さて何を食べましょうか。

 

f:id:karryart:20180706220858j:image

カレー

f:id:karryart:20180706220920j:image

ケーキとコーヒーも。

コーヒーが実に美味しいです。

 

f:id:karryart:20180706221008j:image

これはね、一枚板でできた引き戸を見てほしくて写しました。建築家と一緒に歩くと、解説が聞けておもしろいです。町歩きも、建築家と歩くほうが100倍楽しい。ぜーんぜん違って見えるから。ここ設えると、ガツンとかっこよくなりますよ。

 

f:id:karryart:20180706221027j:image

裏口。扉がかっこいいな。萌。

 

f:id:karryart:20180706221042j:image

f:id:karryart:20180706221057j:image

釜戸、井戸、すごい。いい!

 

f:id:karryart:20180706230831j:image

f:id:karryart:20180706230852j:image

磁器のトイレ! 陶器⁈ じゃなくて磁器だよなぁ。。。民俗資料館みたい♪ 生きた民俗資料館。トイレもいいよ、と教わったので思わず撮影しました。便器すみません。

素敵だよね。

 

f:id:karryart:20180706221118j:image

2階。うわ、いい。この空間いい。

ここの座敷「宵乃舞」の特等席じゃないですか。夜はBARにしてクラフトビールなんか、出したいな。。。

 

はい。最初に「ご縁あって」と書きました。

むふふ。

 

 

 

寺掃除

日々の努力と積み重ねを、書いていくことにしました。それは地味で、人が嫌がる仕事で、やったところで気づいてくれる人がどれほどいるのか、わかりません。

ただ、伝えたいのは、無償でこんな活動をしなければ、維持なんてできません。次の世代にバトンを渡すこともできません。「お寺が素敵ね」「いいねえ。古い建築は」なんて言うのは簡単です。現状を知ってほしいのです。正直、何度もめげそうになりました。あきらめてしまえば楽です。しかし、あきらめてしまえば、これまでの成果と完成形を世の中の人に見てもらうことができません。

 

美しいものを、次の世代に渡したいですね。残してくれてありがとうと言ってもらえるような。誇りに思えるようなものを。

 

f:id:karryart:20180706162010j:image

7月6日

本堂に向かって右脇廊下が物置きになっているので、整理。まず物を隣室に移動させます。

 

f:id:karryart:20180706162031j:image

残るは大きな木の箱だけに。

 

f:id:karryart:20180706162049j:image

お寺に関連するものではなかったので、バラして廃棄。床はお掃除隊(プロ)がピカピカに磨いてくれました。

 

f:id:karryart:20180706162106j:image 

隣室に移動した荷物。意外とこんなにあります。明日、棚を設置して収納整理する予定です。

 

f:id:karryart:20180706162130j:image

こちらは蔵。ここにたくさん物が入っていましたが、ほとんど出しました。残りも出す予定です。隙間からネズミが入り込み、糞が大量に床にあります。履きださねばなりません。ひどい悪臭と蜘蛛の巣。

 

f:id:karryart:20180706162146j:image

 

f:id:karryart:20180706162203j:image

内装工事入れたいです。

今のままでは文物の保存などできません。

 

f:id:karryart:20180706162219j:image

蔵から出した、大切なものは本堂に運び、寺とは無関係でかつまた不要と思われるものは、納屋に入れました。ここから分別して廃棄。粗大ゴミは軽トラックでクリーンセンターにどんどん運びます。一回ではとても終わりません。

 

f:id:karryart:20180706162238j:image

しかし納屋って美しいな。

作業の合間に見とれていました。

納屋が美しい?

笑う人は笑ってください。

 

 

f:id:karryart:20180706162251j:image

午後からバケツをひっくり返したような雨でした。今日は作業切り上げて、汗を流しに温泉に行きました。何日かの作業の末に、きれいになった姿が見られれば、疲れも吹っ飛ぶというものです。

 

明日も作業します。

この活動に共鳴してくださって、共同作業しますという人は、大歓迎です。

 

最上屋旅館ー山形県酒田市

山形県酒田市は、映画「おくりびと」の舞台になったところなんですね。

www.sakata-kankou.com

 

 

 

いい風景だったからなぁ。絵になりますよ。

さて、私はロケ地巡礼したわけじゃなくて、酒田市美術館へ行ってきました。美術館を堪能したあとは、「最上屋旅館」に泊まりました。ビジネスホテルに泊まるより、こういうお宿に泊まりたい!と思うタイプなんです。

www.sakata-kankou.com

 

 

写真だーっと載せます。

 

f:id:karryart:20180704160940j:plain

f:id:karryart:20180704160955j:plain

北前船の寄港地だから、こんな写真が館内に飾ってありました。

 

f:id:karryart:20180704161015j:plain

f:id:karryart:20180704161030j:plain

f:id:karryart:20180704161044j:plain

f:id:karryart:20180704161059j:plain

f:id:karryart:20180704161112j:plain

f:id:karryart:20180704161129j:plain

西郷どんの書

 

 

f:id:karryart:20180704161144j:plain

f:id:karryart:20180704161200j:plain

f:id:karryart:20180704161222j:plain

船箪笥

 

f:id:karryart:20180704161239j:plain

天井は、、、何の木とおっしゃっていましたっけ。

お宿のご主人が説明してくださったんですけども。

 

f:id:karryart:20180704161322j:plain

f:id:karryart:20180704161338j:plain

 

 

というわけで、

この宿に関してもっと熱くすごいことを書いているブログを発見してしまいました。

『日本ボロ宿紀行』という雑誌に掲載されたことがあるんですね。

ボロ宿って、、、、

ameblo.jp

 

魅力的なお宿でした。快適でしたよ。

いつまでも続いてほしい旅館ですよね。

 

 

羽黒山の羽黒館

山形県酒田市鶴岡市を旅したときのお宿を紹介します。

といっても、建物・建具・調度・室礼を見て楽しんできましたので、

いわゆるガイドブックに載っているお宿紹介はしませんよ。

 

◼︎羽黒山の羽黒館

www.shonai-navi.com

 

写真だけだーっと載せます。

何材でどうしたこうした等がわかる人は、わかると思います。

宿のご主人が説明してくださったんですが、、、

ちょっと急いでチェックアウトしたもので。。。

私はただ、こういうものが美しいと思っているだけです。

f:id:karryart:20180704154429j:plain

f:id:karryart:20180704154444j:plain

f:id:karryart:20180704154500j:plain

f:id:karryart:20180704154517j:plain

f:id:karryart:20180704154535j:plain

 

昔から使われてきた家や道具、それが何度かの補修を経て、今も丁寧に使われていることに惹かれます。

ちなみに、一泊朝食付き。

精進料理はいただきませんでした。とっても残念。

ただ、朝食はそりゃもう美味しくて大満足でした。