読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気まぐれ Art note

洲之内徹が連載した「気まぐれ美術館」に憧れてます。

OFFの日、美術展と高山陣屋へ

◼︎高山名家の着物展ー滝沢静江コレクションー@光ミュージアム

これが見たかったんです。チラシに書いてあるコピー読んでみてくださいよ。会場に行くと、もっと詳しい経緯を書いたチラシがあります。

「高山の旧家、小森家の蔵の中から、立派な桐の長持ちが鍵のかかった状態で出てきた。中を開けてみると、躾糸がついたままの手つかずの衣装がぎっしりと詰まっていた。」

だって。。。

どんな着物だろう。

(なんでこういうものこそオラんトコでできなかったんや。悔。)

という気持ちがあって、絶対見たかったんです。

f:id:karryart:20170514151413j:image

感想:とてもよかったです。

ま、でも、某美術館にも浮世絵と一緒に町の呉服屋さんが所蔵している見事な刺繍の着物が展示してあるし、ピンクの帯かわいいし、祭りの日の子供歌舞伎の衣装の展示なんて、すばらしい刺繍に多くの人がとっても驚いて、見入って帰られるんですよ。地域の財産なかなかのクオリティだぜ。

(負けてへんで)

 

f:id:karryart:20170514151416j:image

広重の名所江戸百景(版画)も観てきました。紅が印象的で美しかった。

いまは肉筆に囲まれて仕事しているけど、版画は版画でやはりいいものです。

休日らしい休日が最近ずーーーっとなかったので、とにかく美術展に行って鑑賞者の1人になって、リフレッシュしたかったです。。

 

 その後、高山陣屋に行きました。

職場にある期間だけの雇用条件で働きに来てくれた方が、高山陣屋でガイドボランティアしている人でした。その方から高山陣屋を教わって、ぜひ行ってみたいなと思い続けていました。その人は元県職で、バリバリ仕事できる人でした。正確で、静かで、ピシリと合わせてきて、無駄がなかった。お年は、、、おじいちゃんだけど、仕事ぶりを見て密かに尊敬していました。また働きに来ていただきたいな。来ていただけるくらいにならないとな。

f:id:karryart:20170519171211j:plain

f:id:karryart:20170519171328j:plain

f:id:karryart:20170519171505j:plain

 

岐阜県:国史跡 高山陣屋(公式ホームページ)

高山陣屋は、代官所。江戸時代の役所です。

 私、ここに来て歴史がどうのこうのより陣屋の屋根が気になってしまって。あの屋根は、板の切れ端を重ねて石を乗っけているあの屋根は、、、佐渡にもあるよな。というより、飛騨にいてよく見るなぁこの屋根のタイプと思って、ざっと調べたら金沢・富山・新潟など北陸全域にある(あった)もので、ほかは東北など寒い地方にもあるようです。

陣屋の屋根について → 高山陣屋見学会

f:id:karryart:20170519171608j:plain

f:id:karryart:20170519171633j:plain

f:id:karryart:20170519171656j:plain

f:id:karryart:20170519171722j:plain

内側から見た屋根。

f:id:karryart:20170519171757j:plain

板葺き屋根の作り方があったよ。

 

それから、

飛騨国で伐採されて幕府に納めた「御用木(ごようぼく)」の復元があり、材木の運搬方法などについても資料があり、大変興味深かったです。「運材図絵」というのがあるんですね。いい絵ですね。

f:id:karryart:20170519171848j:plain

f:id:karryart:20170519171908j:plain

 

f:id:karryart:20170519171920j:plain

f:id:karryart:20170519171932j:plain

 

f:id:karryart:20170519172010j:plain

わー、木組みの天井すごい。

某館の天井も木組みです。あの天井の木のぬくもりはもっと活かした形で修復し、外観は蔵をイメージしたというのだから、もっと蔵の雰囲気を出してリフォームすると、飛騨にある美術館の”ならでは”感が出て良いのではないかと、常日頃思っております。

 

f:id:karryart:20170519172026j:plain

桶樽、土間、かっこいい。

f:id:karryart:20170519172134j:plain

茶室。

 

 

f:id:karryart:20170519172234j:plain

 

いい休日でした。

 

 

見参、手土産を持って

先週は、ちょっと手土産にこだわって帰省しました。

文化の仕事をしているのだから、少なくともその地域の文化が伝わるようなものを持って行きたい。というより、手土産ってそういうものですよね。行き先は、飛騨から佐渡へ。そして佐渡から飛騨へ。お渡しするお相手やシチュエーションにより、そのシーンにあったものでなければならないと考えました。

今回のシーンは・・・

・目上の人、上司

・文化の仕事に携わる人

・ご挨拶

・オフタイムだけど食事を交えた少し改まった席

 

というわけで、飛騨からの手土産に私が選んだのは、

▪️御菓子所 田の下「麦っこ」

というお菓子でした。箱の上に鮎の形をした金平糖をのせてお渡ししました。

f:id:karryart:20170511150819j:image

 パッケージの絵が白壁土蔵のある瀬戸川で、ここ本当に美しい雅な場所なのです。お菓子を選ぶときに、お店の人に「これはどういうお菓子ですか?」と聞いたら、「麦と豆と栗という山の素材を使った素朴な味のお菓子です」と教えてくれたので、これにしよう! と思いました。山の味を伝えるーーー文化ですよね。

f:id:karryart:20170511150317j:image

www.hida-kankou.jp

 

 

今度は、佐渡からの手土産です。

▪️しまや「文弥人形芝居」

国指定重要無形文化財伝統芸能、文弥人形芝居をモチーフにしたパッケージ。

f:id:karryart:20170512160527j:image

www.sawanedango-shimaya.co.jp

 

 

なんたって文化振興課に渡す手土産ですもの。

中身はクッキーなんですけれど。

うれしかったのは、課の皆さんがとても喜んでくれたこと。課長が”ありがとう!”ってメールまでくださったこと。一緒に働くスタッフ(教養ある人生の先輩)が、

佐渡って金山をとてもPRするからそのイメージしかなかったけれど、こんな文化があるんだね。文弥(ぶんや)人形って読むの? これは地元の人が演じるわけ? そこに価値があるだね。このお菓子もらって佐渡の文化のイメージ変わったな。ちょっと行ってみたくなった」。

と言ってくれたこと。行き方まで聞かれたから、お世辞じゃないんや〜。これが地域同士の文化交流だなぁと思うと、心底うれしいです。シルクロードって人が行き来して文化が発展したから、日本でいうと昔の宿場町なんかも旅の人が往来して発展したし、千石船の寄港地も物流を通した地域交流ですよね。街道が文化つくる、原点だなぁと。

 

話がそれました。

要はパッケージデザインって大切だと思ったんです。

f:id:karryart:20170514184342j:image

数年前に手土産の本ブームがありましたけれど、お菓子のパッケージデザインを著名な画家や書家が手がけていることもあります。そんなお菓子を紹介するページを、かつて雑誌で企画したりしました。わかる人にはけっこう喜ばれます。編集しているこちらも楽しかったな。(手前味噌みたいなことしてすみません。)

地方に行ってお土産を買うとき、いつも思うのですけれど、

もっと地域にデザイン力がほしい!

 

f:id:karryart:20170514164311j:image

えーと、これは。東京からいらした彫刻家の先生からいただいた手土産。北斎の富士山をパッケージデザインにしていますね。中は、クッキーがぎっしりでスタッフの若い女の子と「わ〜♪」と言いながらルンルンでいただきました。

ここ⇩⇩ のお菓子です。

◎泉屋東京店◎

 

f:id:karryart:20170511200143j:image

あとは、新潟名物「笹団子」をあっちにもこっちにも ハイ!どうぞ。

 

 往来って、いい言葉だな。

 

 

古民家暮らしを拝見②ー白栗不動産

①を書いてから時間が経ってしまいました。

「板倉の宿 白栗」に続いて、、、

白栗さんご自身のご自宅(兼オフィス)も見学させていただきました。

f:id:karryart:20170315220656j:plain

 

白栗さんの家は富山県八尾町の山中から移築した古民家です。

f:id:karryart:20170315220713j:plain

f:id:karryart:20170315220726j:plain

f:id:karryart:20170315220735j:plain

f:id:karryart:20170315220744j:plain

豪雪に耐えるための梁。

f:id:karryart:20170315220748j:plain

f:id:karryart:20170315220756j:plain

継手。釘を1本も使わずに頑丈な家を造る。

こんなふうに家を見学させていただいて、 私も自分の借りているウナギの寝床風町家を改装できたらいいな、と思いました。住みながら民家再生=町の再生。さて、私はどこまでできるかな?

 

 

 

古民家暮らしを拝見①ー白栗不動産

3月12日(日)

以前からとってもいいお仕事をされるなぁと、HPやFBで気になっていた飛騨国府にある古民家専門不動産「白栗不動産」を訪ねて来ました。ここのご主人にお会いしてみたいと思ったのは、白栗不動産FaceBookページにこんなコメントを見つけたからです。

「私にも夢があります。古民家の立地にふさわしい場所に古民家移築集落・ストリートをつくることです。それは高山市の飛騨の里や川崎市にある日本民家園のような展示家屋の集合体ではなくて人が暮らす集落・ストリートをつくることです。」

人が暮らす集落・ストリートをつくることです。

古民家で✨

そこでシェアハウスを見学させてくださいとアポイントを入れて、

見学させていただいたシェアハウスに私は住まないですが.....m(__)m

ご主人が心をこめて手がけた「板倉の宿 白栗」が素晴らしいです。

板倉の宿は泊まることができますので、レンタカーを借りて、ここを拠点にしてゆっくり飛騨の旅をしてみるのもいいと思います。きっと最高です。

板倉の宿 白栗 - 飛騨高山

f:id:karryart:20170313205536j:plain

板倉は家屋ではなくて、蔵なんですよね。土でできたものが土蔵で、板でできたものが板倉。板倉は、飛騨に来て知りました。故郷の佐渡では見なかったですし、あったとしても建築が全然違います。したがって、興味深々です。板倉のある風景が美しい。

 

f:id:karryart:20170313210617j:plain

f:id:karryart:20170313210850j:plain

f:id:karryart:20170313210905j:plain

お風呂場のマットに刺し子。なんてステキな。

 

f:id:karryart:20170313211002j:plain

ガラス戸の細工がまた細やかで素晴らしい。昔の人はどうして家をつくる時にこのような時間のかかる仕事をしたのか。箪笥も、布も、イイね!

 

f:id:karryart:20170313211535j:plain

天井の板にのこぎりの跡を見る事ができます。

 

f:id:karryart:20170313211852j:plain

f:id:karryart:20170313211951j:plain

正絹。真綿の布団を布団屋さんに頼んで打ち直してもらったそうです。古くなったからといって、捨てない。蘇ると、真綿の布団ってこんなにふかふかなんですね。この仕事をした布団屋さんが飛騨古川にあるとわかって、次は布団屋さんの取材、次は畳屋さん、次は大工さん、次は左官屋さん....取材するところが地域にたくさんあります。

 

この後、母屋も見せていただいたのですが、

それはまた後日。

 

 こんな不動産屋さんが地域にたくさんあるといいな。町はきっといつまでも美しく、景観が日本文化を伝えることでしょう。

www.hakuguri.jp

 

 

 

 

 

 

 

自転車を漕いで

毎日、自転車を漕いで町を見てまわるのが私の楽しみです。心の中で、「民家ギャラリー」などと名前をつけて楽しんでいます。この地域は、ホント、町が美術館(博物館)だと思える要素がそこかしこに散りばめられています。

たとえばこんな…

飛騨古川から国府のほうに向かってみると、玄関脇の外壁にこんなの飾ってあったりして…

f:id:karryart:20160902132329j:image

f:id:karryart:20160902132335j:image

おぉ、、、。

蔵の中にあったのでしょうか、それとも、、、。通りすがりの人にも楽しめるように飾ってあるところが、また、、。

 

f:id:karryart:20160902132427j:image

町全体に蔵がよく残っていますが、活用しないまま残しているんじゃなくて、現代の生活の一部にしているところがいいなぁと思います。(地方を歩くと蔵を持て余して壊したとか、ほっとかれて朽ちているなどの光景をよく見ます。)こちらのお宅は、駐車場にされているようです。

f:id:karryart:20160902132536j:image

 かっけーーーーー!

蔵、かっけーーーー!

 

歴史を感じる看板を見つけたり、(この道の先に何があるのか…)

f:id:karryart:20160902132651j:image

 

いきなり茅葺屋根の家あったりー! しかも無人じゃないですー。

ちゃんと人が住んでいます。

f:id:karryart:20160902132719j:image

 

美しい神社を見つけました。手前に舞台のようなものがあり、奥に社殿がありました。これはなにをする舞台なのでしょう? 能舞台ではないようです。

f:id:karryart:20160902132746j:image

額に入った絵みたいだったな。空間が。 もう一度、この神社にたどり着きたい。

高山市の「加茂神社」だそうです。何度自転車を走らせても、方向音痴なためにここにたどり着けずにいます。

 

 

 

飛騨古川で見つけた美しい手仕事

▪️その1ー蕎麦屋で見事な建具を見つける

8月1日、飛騨古川にあるお蕎麦屋さんに入って、心踊る美しいものを見つけてしまいました。そのお店は「蕎麦正 なかや」さんといいます。

www.hida-kankou.jp

 

もちろんお蕎麦も美味しかったので、蕎麦好きな人にもオススメです。

f:id:karryart:20160822144153j:plain

 

店内。

そうです、その奥にある「建具」をよくよーく見せてくださいな。

f:id:karryart:20160822144021j:plain

f:id:karryart:20160822144108j:plain

おぉ、、。

鶴亀が見えますか? 写真だと細部がつぶれてしまうのですが、実物だと鶴の羽まで描かれていてとても細やかな仕事です。大変すばらしい。

 

f:id:karryart:20160822144629j:plain

食い入るように見てしまいました。

女将さんに「ここは蔵を改装してお店にしたんですか?」と聞くと、もとは本屋さんだったそうで、お蕎麦やさんとして開店するときに、飛騨古川町の大工さんが美濃から持ってきた建具を取り付けてくれたんだそうです。大工さんが、捨ててしまえばもう作ることができないけれど、こうして取り付けて利活用されれば残すことができると考えてのことだとか。建具に施された見事な金具は、「もう作れる人がいないそうですよ」と女将さん。

美濃の建具か、、、、すばらしい腕を持った人がいた町なんですね。

鍛冶屋、金具の技術を持つ町。

こんな建具を見ることができてよかった。それが美濃のものだとわかってさらによかった。蕎麦を食べただけでお店を出てしまっては、わからないことでした。人の話は聞いてみるもんだ……と思います。

 

 

▪️その2ー民家に漆の器と膳セットがあった

今度は自転車で町中を走っているときに、ある民家の土間に「古民具を見て行ってください」と書かれた看板を発見して、たくさんの漆と出会いました。

f:id:karryart:20160822160116j:plain

f:id:karryart:20160822160535j:plain

f:id:karryart:20160822160133j:plain

なんと、売っていたんですよ。悔しいから値段は教えません。できればこの漆をすべて大人買いして大事に活用する方法を考えたい、そのくらいの力と財布が私にあればなー。

これは「宗和漆」といって、宗和の和は「輪」とも書くそうです。輪は石川県の輪島からきていることを意味していると、民家の主人から教えていただきました。輪島からの漆が飛騨にも伝わって多く入ってきているし、飛騨にも春慶漆という工芸品があります。漆や漆職人についても、歴史をさかのぼって現在どのような状況なのか調べたいと思っていました。この漆の器と膳は、婚礼など祝いの席に使用されていたもので、どの器になんの料理を盛るか、客に出してもてなす順番も決まっていたそうです。

日本の婚礼の儀式を見直したいです。

ひとつひとつに意味があった。その意味を知りたいと思います。

それから、漆の器で食事をしたいという母の願いを叶えるために、飛騨古川まで家族旅行に来たという友人が、願いを果たせず、膳は漆だったが器は漆ではなかったというエピソードを思い出しました。あぁこの漆のセットがあれば……満足してもらえるよう、もてなすことができたのに。

私が手に入れるまで待っていてね、漆ちゃん。

 

 

▪️その3ーここは町じゅうが美術館

とにかく飛騨古川はちょっと歩くだけで、町中に技と美意識を見つけることができます。ここは「町じゅうまるごと美術館」ーーー散策するたびに私はいつもそう思います。

f:id:karryart:20160822162609j:plain

 

f:id:karryart:20160822162617j:plain

f:id:karryart:20160822162639j:plain

f:id:karryart:20160822162734j:plain

f:id:karryart:20160822162745j:plain

f:id:karryart:20160822162756j:plain

 

そうそう、蔵の話というのもありました。

そのことは、また後日。

 

 

 

おわら風の盆が開催される「越中八尾」を散策して来ました。

 休みの日、「おわら風の盆」が開催される「越中八尾」まで足を延ばしてみました。本祭の前に前夜祭があり、本祭のポスターは盆過ぎにならないとできてこないそうです。

本祭はたしか9月1日、2日、3日の3日間

前夜祭はポスター⬇️やHPのとおり各町内で11日間あるそうです。

f:id:karryart:20160802155953j:plain

 

www.yatsuo.net

 

 

 私が訪れたのは8月1日月曜日。お祭りで賑わう越中八尾ではなく、普段のありのままの越中八尾が見たいと思い、猛暑の中を歩き回って(これだ)と思う部分を写真に記録してきました。一番の収穫は、帰りの電車の時間を調べなかったために1本逃し、逃したことで2時間も空いてしまって、時間を潰すために定食屋に入って店のおじさんと話したことです。そのお店のおじさんは、生まれも育ちも越中八尾の生粋の富山人。他の人より方言が強いわけです。それで、語尾に「…ちゃ」「…だっちゃ」と付くことに気がついて、「ここら辺の人は語尾に”ちゃ”がつくんですね」と言うと「そうそう」とうなづいていました。その土地に来たら、その土地の人と話してみるものです。

ここで私は(あぁ佐渡と同じ方言だ)ということに気がつきました。

おじさんの方言すべて聞き取りましたよ、私は。

 

f:id:karryart:20160802161931j:plain

f:id:karryart:20160802162031j:plain

すごい美容室だと思って、思わず。。。

 

何も調べずに来たので、図書館に飛び込んで「古い町並みってどこにありますか?」と尋ねてみると、「それは諏訪町のほうですよ、石畳の風情あるところです」と親切に地図をくれて、行き方まで教えてくれて、その方向を目指しました。しかしけっこう駅から徒歩だと遠いですね。暑かったし、久し振りに行き倒れるかと思いました。

f:id:karryart:20160802162155j:plain

f:id:karryart:20160802162208j:plain

f:id:karryart:20160802162235j:plain

f:id:karryart:20160802162237j:plain

f:id:karryart:20160802162304j:plain

手書きのポスター、イイネ!

 

f:id:karryart:20160802162311j:plain

f:id:karryart:20160802162319j:plain

石垣の幾何学

 

f:id:karryart:20160802162323j:plain

f:id:karryart:20160802162328j:plain

銀行かっこいいな。

 

f:id:karryart:20160802162333j:plain

 

 

 

ここら辺に喫茶店がないようで、いやもうここまでか……と思っていると「お茶をどうぞ」の風鈴を見つけて、入ってみました。

f:id:karryart:20160802162340j:plain

f:id:karryart:20160802162351j:plain

中国茶のお店でした。ご自身も富山県内の生まれだけれど越中八尾のご主人と結婚し、中国茶の勉強をして、ここでお店を開いているというオーナーさんがもてなしてくれました。

 

f:id:karryart:20160802162345j:plain

 

亀豆美人というスイーツをオーダーしました。美人になれるそうです。亀はあの「亀」。中国では亀を漢方薬にしており、これはそれをゼリー状にしたもの。黒糖みたいな味がして美味しかったです。

f:id:karryart:20160802162411j:plain

f:id:karryart:20160802162416j:plain

f:id:karryart:20160802162423j:plain

「喫茶去」禅の言葉。

 

f:id:karryart:20160802162443j:plain

 

f:id:karryart:20160802162453j:plain

f:id:karryart:20160802162505j:plain

f:id:karryart:20160802162503j:plain

f:id:karryart:20160802162457j:plain

f:id:karryart:20160802162512j:plain

f:id:karryart:20160802162520j:plain

f:id:karryart:20160802162525j:plain

f:id:karryart:20160802162534j:plain

f:id:karryart:20160802162540j:plain

f:id:karryart:20160802162553j:plain

f:id:karryart:20160802162605j:plain

こんな路地が気になる。 

 

  さて、冒頭に書いた定食屋さんですが、宿もやっており「御宿みよし」といいます。電車の時間が来るまで、富山の酒「みよし」をいただきながらおじさんのお話が聞けたので、大変な収穫をいただきました。普段は朝食付きで一泊5000円。風の盆のときの値段は教えてくれませんでした。もう予約でいっぱいのようです。今度、お酒飲んでないときに教えてあげると言われたので、地方宿の経営と実情を聞きにうかがいましょうか、ね。

 

f:id:karryart:20160802170639j:plain

 おわら風の盆に来るなら夕方5時か6時頃来て、徹夜を覚悟して、始発で戻りなさいというアドバイスをいただきました。宿が取れなかった人は、みーんな外にゴザ引いて寝てるんだって。始発は「見送り風の盆」があり、踊って送り出してくれるそうです。
 
「今度は本祭に来ますよ。また風の盆のとき以外でも遊びに来ますね」と言って、御宿みよしさんを後にしました。御宿みよし、いい宿です。たぶんね。