気まぐれ Art note

洲之内徹が連載した「気まぐれ美術館」に憧れてます。

京都・西方寺(苔寺)ー世界遺産

禅宗のお寺を拝観してきましたⅡ

苔寺と呼ばれる西方寺に行ってみたかったのは、美大の先輩がFacebook苔寺の画像を投稿していて、なんて美しいところなんだろう。。。と思ったからなんですが。。。私はそこまで美しく撮影できなかったようです。実際に行ってみるのが1番美しいと思います。

が、西方寺を拝観するためには事前予約が必要で、往復ハガキで申し込みのやり取りをし、許可が下りたら拝観料3000円を納めて、初めて中に入ることが許されます。

詳しい申し込み方法はHPを見てください。

京都 旅のしおり | 苔寺拝観 見学予約

 

拝観(見学)について、こんなことが書いてあります。↓

西芳寺苔寺)はかつては誰でも参観できる観光寺院でしたが、1977年からは一般の拝観を中止し、往復はがきによる事前申し込み制となりました。また拝観に際しては、写経などの宗教行事に参加する事が条件となっています。※写経をした後に庭園の見学という流れになります。拝観料は1人3,000円と京都のお寺拝観としてはちょっとお高く感じますが、これは住職さんの説法・般若心経の唱和・写経を行い、写経に願い事を書いたものを祈りを込めて本尊に永久奉納していただけることから、祈祷料やお布施の意味合いが込められているのです。」

京都のお寺をお参りするとき、いわゆるぞろぞろ歩きの物見遊山観光が嫌われますので、本来の意味を踏まえながら、その土地に対して礼節を持って訪れたいものです。

f:id:karryart:20171108151323j:plain

f:id:karryart:20171108151333j:plain

f:id:karryart:20171108151418j:plain

f:id:karryart:20171108151432j:plain

 

最近「庭」を勉強したいと思っています。というのも、日本美術って

環境、建物、道具(屏風や軸のほか暮らしの道具も含む)、庭などが、すべて一体となって構築された空間で鑑賞するのが、いいなあと思うようになったからです。だから造園や築庭も美術。美意識。

「美術館」はもともと日本の文化にはなかった。江戸時代に美術館はなかった。美術館は明治の西洋開花により導入された。でも、美術館はなくても美意識は私たちの中にずーっとありますよね。で、日本の美術館ってなんだろう。。。と考えると、

遡ること、、、

千利休じゃね⁈ 

と、考えております。

 

西方寺については ↓ を読んでいただければ。

世界遺産(世界文化遺産) 西芳寺(苔寺)/京都府ホームページ

奈良時代行基の開創と伝えられる古刹で、暦応2年(1339年)に造園にすぐれた夢窓国師が復興した。約120種の苔が境内を覆い、緑のじゅうたんを敷きつめたような美しさから苔寺とも呼ばれる。庭園(史跡・特別名勝)は、上下二段構え。上の枯山水と、下は池泉回遊式で黄金池は「心」の字を描いている。庭園内の茶室・湘南亭は、重要文化財に指定されている。」(HPより)

f:id:karryart:20171108151503j:plain

 

屏風や襖絵を観るとき、ホワイトキューブから脱出したい!と思います。

ホワイトキューブじゃない、日本の美術館がつくりたい!

 

f:id:karryart:20171108151515j:plain

ここには川端康成揮毫の碑があり、心がチクリとする言葉が書かれております。

f:id:karryart:20171108151525j:plain

f:id:karryart:20171108151549j:plain

 

 

この先しばらくの更新は、ずーっと神社仏閣のことを書くかもしれません。

 

 

 

 

 

京都・南禅寺

禅宗のお寺を拝観してきました。

臨済宗大本山 南禅寺

 

南禅寺というと、レンガ造りの水路閣がフォトジェニックな場所だということで、多くの人が撮影されています。しかし、私にとって魅力的なのは、やはり境内の方丈にある襖絵です。桃山前期の狩野派の絵師達による障壁画がたくさんあり(国宝です)、今取り付けられているのは複製ですが、それでも息をのむ豪華さでした。内部は撮影禁止でしたので、写真はありません。でも、南禅寺に来たら疎水で引き返さず、一歩踏み込んで、拝観して、内部の美しさも堪能して、帰られることをおすすめします。 

 

f:id:karryart:20171106161423j:plain

山門(重要文化財)も圧倒的。

f:id:karryart:20171106161455j:plain

f:id:karryart:20171106161507j:plain

f:id:karryart:20171106161515j:plain

f:id:karryart:20171106161523j:plain

 

これが疎水。

f:id:karryart:20171106161540j:plain

f:id:karryart:20171106161615j:plain

f:id:karryart:20171106161631j:plain

f:id:karryart:20171106161651j:plain

f:id:karryart:20171106161725j:plain

庭園は、鎌倉時代末の代表的池泉廻遊式庭園。

作庭は、夢窓国師といわれる。

 

 

f:id:karryart:20171106161739j:plain

f:id:karryart:20171106161756j:plain

f:id:karryart:20171106161808j:plain

f:id:karryart:20171106161820j:plain

f:id:karryart:20171106161837j:plain

f:id:karryart:20171106161902j:plain

f:id:karryart:20171106161913j:plain

 

美しすぎて、言葉がでませんでした。

禅のお寺って、本当に美しい。

そんなところばかり見て歩いてしまいました。

私これでも、、、

18歳から22歳までは、ずっと座禅してたんですけれども。

高山に泊まる

地元の人に「お勧めの宿を教えてください」

と尋ねて、飛騨高山の「高山市」のほうの宿を教えていただきました。

というのも、高山市の山奥(里山)に用事があったんです。私。

 

宿は「いろは旅館」といいます。

高山駅からすぐ。飛騨国分寺の近く。町中だし、徒歩圏で古い町並みを見て歩けるし、コンビニも近いし、料金も良心的で、なんといってもこの日本家屋に心奪われまして、一発で気に入りました。

travel.rakuten.co.jp

 

f:id:karryart:20171023163714j:image

f:id:karryart:20171023163718j:image

 

庭園が見事でした。

f:id:karryart:20171023163723j:image

 

一晩でも旅先で気持ちよく過ごしたいタイプでして、けっこうこういうところにこだわるんです。ネットで調べてもわからないから、やはり人に聞くのが一番ですね。

ちなみに、もう一ヶ所ご紹介いただきました。

「旅館田辺」

こちらは高級感あふれる感じ。 

www.tanabe-ryokan.jp

 

いつか泊まりたいと思います。

それから、飛騨高山の「飛騨市」のほうですが、

私がよく遠方から美術館に来られるお客様に紹介したのが

「初月」

www.hida-kankou.jp

駅から近いし、館内も新しく清潔で、自信を持ってお勧めしていました。

もうひとつ、

こちらは車がないとちょっと遠いけれど「季古里」もいい宿でした。

私、実際に宿泊してお客様になってみて、いいなぁと思いました。

ホテル季古里 公式サイト | 岐阜県飛騨市の温泉と飛騨牛が楽しめるゆったり宿

 

以上、

ローカルな宿、口コミ情報でした。

 

追加情報:

高山駅で喫茶するなら、グリニッジ珈琲店

tabelog.com

 

飛騨古川駅で喫茶するなら、壱ノ町珈琲店

www.hida-kankou.jp

 

いずれもアンティーク好きにはたまらない空間です。

 

菓子木型のお菓子・松屋藤兵衛

◾︎今でも菓子木型でお菓子をつくっている和菓子屋さんがある

・・・・と、聞いて。

過日、京都まで行ってきました。 

f:id:karryart:20170815233325j:plain

 

その和菓子屋さんは、京の老舗「松屋藤兵衛」さん

https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260503/26005947/

といいます。

f:id:karryart:20170815233409j:plain

お店のカウンター 

f:id:karryart:20170815233453j:plain

 

ま、お菓子も魅力的だったし、店内の木型も江戸時代から実際に使われていたものが飾られていて、大変すばらしかったのですが、もっとびっくりしたのは、

富岡鉄斎の書がバーンと飾られていて、すげーすげー

どうしようかと思っちゃいました。書道博物館に来た気分。

富岡鉄斎 | 近代日本人の肖像

f:id:karryart:20170815233504j:plain

f:id:karryart:20170815233611j:plain

 

ああ、ふと訪れてみたらこんなご縁があるとは。

富岡鉄斎の書が見られるなんて、ご褒美でした。素晴らしい日だ。

 

f:id:karryart:20170815233635j:plain

ショーウィンドウも上品な。

 

f:id:karryart:20170815233646j:plain

古い看板の字もすばらしい。品のあるお菓子屋さん。

f:id:karryart:20170815233657j:plain

 

私はここでカステラと落雁をお土産に買って帰りました。お菓子はね、そのときたまたま美術館の事務所に遊びに来た人たちとスタッフでパクパクいただきました。

 一度は訪れたい和菓子屋さん。和カステラ、美味です。

 

 また、菓子木型については加賀藩御用達のお菓子屋さんが、今はもう使わなくなった江戸から昭和までの菓子木型をミュージアムとして展示しています。

見応えあるのでぜひ。

www.morihachi.co.jp

 

 

虎屋も所蔵してます。

www.toraya-group.co.jp

 

 

それから武蔵美も。

民俗資料室 | 展覧会情報

↑ こちらの展覧会は過去のものです。武蔵美は江戸で3代続く和菓子屋さんが絶えて、使っていた菓子木型が寄贈されて、展覧会を企画していました。

 

菓子木型の「彫り」がすばらしいんですよね。

昔の人は美しいものをつくっていたんだなぁと思います。

丹精込めて。

 

 

 

 

 

飛騨の森、天生

「巨木を見ると概念が変わるよ」と、ある人から言われていて、

飛騨にいるうちに飛騨の巨木を見ておこうと思っていました。

 

f:id:karryart:20170625171312j:image

 

そこで真っ先に目指したのが、天生県立自然公園。

天生県立自然公園 – 北飛騨の森を歩こう

古代から手つかずの森が、飛騨にはあるといいます。

 

f:id:karryart:20170815234324j:plain

f:id:karryart:20170815234359j:plain

f:id:karryart:20170815234432j:plain

f:id:karryart:20170815234500j:plain

 

道の途中に「止利仏師(鞍作止利)」を祀る飛騨の匠堂があります。 

kotobank.jp

 

f:id:karryart:20170815235112j:plain

f:id:karryart:20170815235206j:plain

 

この地には止利仏師の伝説がありますが、その伝説がフィクションだったとしても、

止利仏師はここから誕生したのか。さすが。と思うと感慨深いものがあります。

 

 

f:id:karryart:20170815234801j:plain

 

飛騨に来たら、町並みをささーっと歩いて終わるのでなくて、

素敵な森を歩いてみてください。

私は森と出会いたかった。きっと感動すると思いますよ。

 

 

 

 

 

ゲストハウス&カフェ SOY

センスのいいお友達が、

センスのいい場所で働き出したので、

遊びに行ってきました。

f:id:karryart:20170815001839j:plain

 

築100年を超える古民家を再生させて、居心地のいい素敵な場所にされているゲストハウス&カフェSOYさんです。

www.hidatakayama-soy.com

 

 

f:id:karryart:20170815001945j:plain

f:id:karryart:20170815002023j:plain

f:id:karryart:20170815002102j:plain

f:id:karryart:20170815002159j:plain

f:id:karryart:20170815002227j:plain

f:id:karryart:20170815002350j:plain

f:id:karryart:20170815002410j:plain

f:id:karryart:20170815002430j:plain

f:id:karryart:20170815002447j:plain

f:id:karryart:20170815002508j:plain

 

写真撮影の許可をいただいたので、バシバシ撮ってしまいました。

私、古民家大好きですし、

こんなセンスのいい空間に居られることがうれしくてうれしくて。

車がないとちょっと遠いので、飛騨に来られた方はレンタカーをお勧めします。

ゲストハウスといっても、ここは全個室でゆったりできます。

お風呂は近くに温泉があるから車でちょっと行ってくればいいし、

食事もせっかくだから飛騨牛の美味しいお店に出かけてはいかがでしょう?

一度泊まってみたいですよね。

 

1階はカフェです。

クリームあんみついただきました。すごーく美味しかったです。

大満足、間違いなし。

f:id:karryart:20170815002538j:plain

f:id:karryart:20170815002628j:plain

 

今度飛騨に来るお友達がいたら連れて行こーっと。

 

板倉の宿 種蔵

飛騨に来ると聞いたら、おすすめしたい宿があります。

satoyama-experience.com

 

 

 

◼︎この日の夕食

とっっても新鮮で美味しくて満足できます。なにせ料理人が最高ですので。

f:id:karryart:20170627185933j:plain

f:id:karryart:20170627190016j:plain

f:id:karryart:20170627190029j:plain

f:id:karryart:20170627190040j:plain

f:id:karryart:20170627190052j:plain

地元、飛騨の食材がふんだんに使用されています。最高です。

 

f:id:karryart:20170627190107j:plain

 

ここからは館内・・・・

古民家、古道具礼賛の私としては、すごいイイ、すごいイイの連続でして。

室礼がまた美しい。

f:id:karryart:20170627190145j:plain

f:id:karryart:20170627190157j:plain

f:id:karryart:20170627190202j:plain

f:id:karryart:20170627190215j:plain

囲炉裏、好きなんです。

 

 

◼︎翌日の朝食

f:id:karryart:20170627190301j:plain

f:id:karryart:20170627190315j:plain

 

f:id:karryart:20170627190324j:plain

 

天気のいい清々しい朝だと、散歩も最高です。

f:id:karryart:20170627190340j:plain

 

すばらしい景観がひろがっていますよ。

そして、ここを訪れてくださった方は、ちょっとだけ頭の隅にこんなことを置いていただきたいのです。集落の維持と生業、作物をつくること、自給自足、共同、結。

そんなお話をちょっとだけご一緒に。

 

karryart.hatenablog.com