読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気まぐれ Art note

本の編集したり舞台裏の黒子やったりしています。

【お詫び】イラストで読む芸術家列伝 レオナルド・ダ・ヴィンチ版について

【お詫び】イラストで読む芸術家列伝 レオナルド・ダ・ヴィンチ版について 1550年に初版刊行されたジョルジョ・ヴァザーリの『芸術家列伝』は、西洋美術史を学ぶ人には必読の書として450年もの間、読み継がれてきました。ルネサンス期の画家・彫刻家・建築家…

Grazie Italia

いよいよ明日には帰国という日、島に渡りました。イタリアには島がたくさんあって、島国だなぁと思うと親近感が湧いてきます。渡ったのは、サン・ジョルジョ・マッジョーレ島。写真は、教会の鐘楼からの眺望。 そして帰国日、船上からすばらしい朝陽を見まし…

Eurostarに乗ってヴェネチアへ

フィレンツェで食事をしている時、旅の後半はヴェネチアに行くと伝えると、サン・マルコ広場周辺では食事をしないほうがいいと言われた。中心地でもあるそこは、特に高いらしい。 フィレンツェのサンタ・マリア・ノヴェッラ駅。 駅がオシャレだった。 「ボラ…

パスタとジェラートなど

フィレンツェで食べたパスタやジェラートなどを、簡単に。どこが美味しいかは、ツーリストアパートメントのオーナーさんが教えてくれました。 ホーム - ilnidodellacivetta ツーリストアパート・フィレンツェ 洋梨のクリームパスタ。ランチョンマットに小さ…

ルネサンスとは何か?

もし、あなたが「ルネサンスとは何か?」について原稿を書いてくれと誰かに頼まれたら、なにを書くでしょうか? 経済を中心としたメディチ家の説明から始めるか、華やかな舞台裏の不安定な社会情勢と絶対的権力を語るか、やはりレオナルドやミケランジェロが…

ミケランジェロの足跡をたずねて Ⅱ

◼︎アカデミア美術館 ミケランジェロの代表作「ダヴィデ」は、美術に興味がない人でも教科書か何かで見て知っていることと思います。ダヴィデのレプリカなら、日本にもあります。恵比寿駅から駒沢通りを山種美術館の方向へ歩いていく途中、カフェ・パパスを運…

ミケランジェロの足跡をたずねて

◼︎サンタ・クローチェ教会 ルネサンス3巨匠といわれるミケランジェロ・ブオナローティ、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ラファエロ・サンツィオのなかで、個人的に思い入れが強いのがミケランジェロ・ブオナローティです。それは、『芸術家列伝』を書いたジョル…

アート好きの旅の行程

イタリアへ行ったときの旅の行程を記しておこうと思います。 私の場合、航空券だけを取り、ホテルも自分で予約する完全な個人旅行です。旅へ行くと誰かに伝えると、「あそこへ行くといい」「ここは見てきたか?」などと言ってくれるので、他の人の旅は自分の…

フィレンツェ市街一望 ドゥオーモからの眺め

フィレンツェの街のシンボル・花の聖母教会ドゥオーモは、街を歩くたびに息をのむ存在感です。ドゥオーモはかつてのフィレンツェ共和国の宗教の中心。1296年から172年間の歳月をかけて建設され、フィレンツェの隆盛を表す荘厳で、豪勢な教会です。クーポラ(…

フィレンツェの夕日

フィレンツェですばらしい夕日に出会いました。フィレンツェにいくつか夕日スポットがあるみたいですが、これはアルノ川にかかるグラツィエ橋からヴェッキオ橋を眺めたところからの夕日です。 Firenze-Oltrarno.net: ヴェッキオ橋 次回からの更新は、フィレ…

フィレンツェに行ってきます。

明後日から一週間ほどルネサンス発祥の地、フィレンツェとヴェネチアに行ってきます。旅の行く先なんかわざわざ書かなくていいことなんですけど、ブログを一週間くらい更新していませんし、フィレンツェ行ったらまたしばらく更新しませんし、書いている以上…