読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気まぐれ Art note

本の編集したり舞台裏の黒子やったりしています。

古民家暮らしを拝見①ー白栗不動産

3月12日(日) 以前からとってもいいお仕事をされるなぁと、HPやFBで気になっていた飛騨国府にある古民家専門不動産「白栗不動産」を訪ねて来ました。ここのご主人にお会いしてみたいと思ったのは、白栗不動産FaceBookページにこんなコメントを見つけたか…

おわら風の盆が開催される「越中八尾」を散策して来ました。

休みの日、「おわら風の盆」が開催される「越中八尾」まで足を延ばしてみました。本祭の前に前夜祭があり、本祭のポスターは盆過ぎにならないとできてこないそうです。 本祭はたしか9月1日、2日、3日の3日間 前夜祭はポスター⬇️やHPのとおり各町内で11…

復原を見て日本文化を知る

東京にいる間に見ておきたいもの ② 江戸東京たてもの園✨ tatemonoen.jp 民俗資料室で働いていると、道具ばかり単体でみることになるので、その道具が使われていた空間、つまり建物や生活環境などが知りたいと思いました。道具はどんな風に置かれ、どのように…

和家具の面白さー小泉和子講演会に行って来ました。

東京都大田区にある「昭和のくらし博物館」は、「昭和26年建築の木造2階建ての庶民住宅(登録文化財小泉家住宅)を丸ごと公開している博物館」です。 博物館の縦折リーフレットによると、 平成8年までの45年間は小泉さん一家が暮らしており、その後壊すこと…

倉庫の中で……

毎月数日、民俗資料室の倉庫の中で働いています。一緒に働く仲間から教わることが多いので、教わったことを記しておこうと思います。 今の仕事は、各地域から収集した竹細工の整理。過去のラベルを外し、新しい資料番号のタグをつけ、埃を払って、撮影のため…

佐渡國小木民俗博物館と千石船「白山丸」のつながり

前回、佐渡國小木民俗博物館の設立について書きましたので、 地域の力で設立した佐渡國小木民俗博物館 - 気まぐれ Art note 今回はその後、博物館の隣にできた「千石船展示館」について書きたいと思います。 【2-3】集落総出で復元した千石船「白山丸」 佐渡…

地域の力で設立した佐渡國小木民俗博物館

博物館は設立が大切なので、 とりあえず、私が学んだ武蔵野美術大学とつながりが深い「佐渡國小木民俗博物館」の設立をここにのっけておきます。みんなに知っておいてほしいよー。 ◼︎地域の力で設立した佐渡國小木民俗博物館 【2-1】民具を収集して地域資源…

島の豊かなお話

今回も、美しい暮らしをする人の所へ、行ってきました。佐渡の豊かさを知っている人、本当の佐渡を教えてくれる人、私が立ち返るべき原点を思い出させてくれる人、前方を明るく照らす人。その人は、ありのままの民俗博物館を創り出せる人。展示室のなかで死…