気まぐれ Art note

洲之内徹が連載した「気まぐれ美術館」に憧れてます。

失われた壁画ーヴェッキオ宮殿の「五百人広場」

ミケランジェロとレオナルド 世紀の対決

芸術新聞社から出ている『イラストで読む芸術家列伝』シリーズの初刊『ミケランジェロヴァザーリ』に、ヴェッキオ宮殿の「五百人広場」の壁画のお話があります。ここの壁画を描く仕事が、まずはレオナルドに依頼され、その対壁はミケランジェロに依頼されたというお話。本を読んでいただけるとわかるのですが、結局は実現しないまま終わるわけです(42-43ページ)。f:id:karryart:20150313183402j:plain

 

 

これが、ヴェッキオ宮殿。現在の壁画はジョルジョ・ヴァザーリの工房が手がけ、2人の痕跡はまったくありません。ただ、2人が下絵を描いたとき、周囲の画家が学びたいと我も我もと模写し、その模写なら残っています。

f:id:karryart:20150313183349j:plain

 

 

それなのに、レオナルドの壁画の手がかりがあるですと!?
展覧会が東京富士美術館にて
レオナルド・ダ・ヴィンチアンギアーリの戦い」展

え、レオナルドのなにかが残っていたの? どういうことなの?

レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展 〜日本初公開「タヴォラ・ドーリア」の謎〜 | 展覧会詳細 | 東京富士美術館

f:id:karryart:20150313173857j:plain

 

行かねば、謎が解けん!
5月の展覧会が楽しみです。ぜひ本も一緒に!

イラストで読む「芸術家列伝」 ミケランジェロとヴァザーリ | 芸術新聞社