気まぐれ Art note

洲之内徹が連載した「気まぐれ美術館」に憧れてます。

奥多摩といえば「人力山荘」!?!?

▪️いえいえ奥多摩といえば土木ガール!!

久しぶりに『田舎ぐらしの本』(宝島社)編集部時代にお世話になった「人力山荘」さんから、近況報告のメールをいただきました。なにやらまた楽しそうなご様子。
「人力山荘」とは……
ライターの中山さんとカメラマン阪口さんのお二人のユニットです。文字どおり人の力だけで山荘をつくったり、世界各地のご家庭で「居候」するのをライフワークにしていたり、とにかく冒険してガチンコで脱力で楽しいことやろう!!!  というお二人です。
人力社HP ↓↓
 
それで人力山荘の拠点・奥多摩での活動の様子が『田舎くらしの本』で連載されているわけですが……
以下、メール文より

奥多摩での改築作業を、バカ丸出しでご報告する「帰ってきた! 奥多摩人力山荘」も絶賛連載中です。趣味が高じて、かっこいいバーカウンターまで作っちゃいました。今夏は生ビールサーバー導入予定です。奥多摩にお越しの際は、ぜひ一杯やりにいらしてください。お待ちしております」とのこと。

 
人力って人力って大変なんだから!
ちなみに私、編集Kもお手伝いに行きましたよ〜。しかも土台づくりでセメントこねたんですよ〜。人生初!!!! めちゃんこハードでした。こんな作業、女子にやらせるない! しかも「大丈夫?」とか心配するお声もなく、汗だくスッピンでまったく容赦なかったわ! ガチンコの様子はまんま雑誌に包み隠さず掲載されました。

f:id:karryart:20150606220338j:plain

f:id:karryart:20150606220530j:plain

f:id:karryart:20150606220423j:plain

そもそもことの始まりは、この連載担当の編集Mさんが「今度の休みに奥多摩行く? いいよ〜奥多摩、BBQとかするの」とお誘いくださって、確かに「土木作業してもらうからね」と言われたけれど、私の頭にはBBQとビールの文字がインプットされて、まさか土木作業がこんなんだとは思わなかったんですよ。ええ。でも、この後の私が行かなかった作業はあんまりハードじゃなかったって別の編集さんから聞いて、(えええええ)なんなのさと思いましたよ。

 

f:id:karryart:20150606220637j:plain

宝島社「いなか暮らしの本」2014年1月号
 
 
愉しくていい思い出です🎶
この連載もまとまったら書籍になるといいな⭐️
人力山荘さん、応援してます。
 
さて、その人力山荘のライター中山さんがトークライブするらしいですよ。
■トークライブ開催します!
新刊発売! 「旅人思考でイスラムと世界を知る本」(言視舎)に合わせまして、6月20日(土)午後2時より、八重洲ブックセンター8階にてトークライブを開催します。お相手はイスラム女性を長く取材するフォトグラファー常見藤代さんです……が! すでに参加者些少の危機が……(汗)、みなさま、なにとぞふるってご参加くださいますよう、よろしくお願いいたします!(恐縮ですが参加費500円いただきます)。

f:id:karryart:20150606221009j:plain

 
 
その頃↑↑わたし佐渡にいますね(笑)。
でも、また奥多摩に遊びに行かせてください。