読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気まぐれ Art note

本の編集したり舞台裏の黒子やったりしています。

和紙の灯り展 in 五箇山 2015

以前ランプを制作したお話をここに書きましたが、↓
 
合掌造りの里・五箇山での展覧会を終え、作品が手元に戻ってきました。結局、今年こそ行こうと思っていた五箇山へは行けず、工芸の先生から送られてくる報告メールを読んでどんな展示だったのか思いを馳せて終わりました。 先生から送られてくる報告メールは4回にもわたり、どの文面からも照明デザイナーである先生の「灯りに対する情熱」を感じました。その情熱に私たちも突き動かされて、ランプを制作しているんだと思います。

f:id:karryart:20150922193019j:plain

 
【展示終了後の報告メールより】⭐️⭐️⭐️
「和紙のあかり展in五箇山へ出展くださった武蔵美大生25名へ
 素晴らしいあかり展が大盛況で終えたこと、出展してくださりありがとうございました。8月1日から開催した和紙のあかり展、8月30日の最終日を無事に迎えることできました。すべての作品が美しく点灯しており、五箇山の方々も大変喜ばれました。
今年のこの展示会、東京でもニューヨークやミラノでも大いに人気を博すと思えた1ヶ月でした。
今年の展示会場は、世界文化遺産五箇山にふさわしい“かやぶき合掌造りの和紙体験館”でした。その入り口の囲炉裏ある和室空間導入部に作品3点が、そして会場となった2階への階段部にも1作品を配した展示会は、導入部の好印象と併せ、なかなか素晴らしい展示会構成となっていました。

f:id:karryart:20150922193227j:plain

f:id:karryart:20150922193318j:plain

 
展示作品の個性豊かな作品の迫力に、見学者は満足されていたそうです。 
そして見学者は毎日多数とのこと、金沢寄港の豪華客船の欧米人団体も今年は多かったそうで、2階会場を見学し感激されていたそうです。昨年より3~4倍もの見学者であったと聞きました。全国からの観光客はもとより、地元の方々も見学に来たりしており、昨年度より幅広い多くの人々が来場されました。
また最終日前日には、南砺市田中幹夫市長も見学に来られ、感動されたと聞いてます」。
 

f:id:karryart:20150922193513j:plain

f:id:karryart:20150922193552j:plain

 
皆さんの作品がすばらしいですよね。私はずかしい~~;;;
出品のお礼に五箇山の和紙が届き、拙い作品なのに、お心遣いありがとうございました。もっとちゃんとランプつくろうかなって思っています。
なんとなく制作されたランプの雰囲気に(あのとき席が隣だったプロダクトの**さんでは?)と思うランプがありました。もしビンゴなら、断然、腕をあげておられますね。いいものづくりをする人、すばらしいです。
 
 
さて、それからもうひとつ、うれしいこと。
姪が夏休みの宿題にランプをつくりました。

f:id:karryart:20150922194311j:plain

浜から拾ってきたシーグラスを張子に貼り付けてつくったそうです。キラキラかわいい、すばらしい。