読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気まぐれ Art note

洲之内徹が連載した「気まぐれ美術館」に憧れてます。

古民家暮らしを拝見①ー白栗不動産

3月12日(日)

以前からとってもいいお仕事をされるなぁと、HPやFBで気になっていた飛騨国府にある古民家専門不動産「白栗不動産」を訪ねて来ました。ここのご主人にお会いしてみたいと思ったのは、白栗不動産FaceBookページにこんなコメントを見つけたからです。

「私にも夢があります。古民家の立地にふさわしい場所に古民家移築集落・ストリートをつくることです。それは高山市の飛騨の里や川崎市にある日本民家園のような展示家屋の集合体ではなくて人が暮らす集落・ストリートをつくることです。」

人が暮らす集落・ストリートをつくることです。

古民家で✨

そこでシェアハウスを見学させてくださいとアポイントを入れて、

見学させていただいたシェアハウスに私は住まないですが.....m(__)m

ご主人が心をこめて手がけた「板倉の宿 白栗」が素晴らしいです。

板倉の宿は泊まることができますので、レンタカーを借りて、ここを拠点にしてゆっくり飛騨の旅をしてみるのもいいと思います。きっと最高です。

板倉の宿 白栗 - 飛騨高山

f:id:karryart:20170313205536j:plain

板倉は家屋ではなくて、蔵なんですよね。土でできたものが土蔵で、板でできたものが板倉。板倉は、飛騨に来て知りました。故郷の佐渡では見なかったですし、あったとしても建築が全然違います。したがって、興味深々です。板倉のある風景が美しい。

 

f:id:karryart:20170313210617j:plain

f:id:karryart:20170313210850j:plain

f:id:karryart:20170313210905j:plain

お風呂場のマットに刺し子。なんてステキな。

 

f:id:karryart:20170313211002j:plain

ガラス戸の細工がまた細やかで素晴らしい。昔の人はどうして家をつくる時にこのような時間のかかる仕事をしたのか。箪笥も、布も、イイね!

 

f:id:karryart:20170313211535j:plain

天井の板にのこぎりの跡を見る事ができます。

 

f:id:karryart:20170313211852j:plain

f:id:karryart:20170313211951j:plain

正絹。真綿の布団を布団屋さんに頼んで打ち直してもらったそうです。古くなったからといって、捨てない。蘇ると、真綿の布団ってこんなにふかふかなんですね。この仕事をした布団屋さんが飛騨古川にあるとわかって、次は布団屋さんの取材、次は畳屋さん、次は大工さん、次は左官屋さん....取材するところが地域にたくさんあります。

 

この後、母屋も見せていただいたのですが、

それはまた後日。

 

 こんな不動産屋さんが地域にたくさんあるといいな。町はきっといつまでも美しく、景観が日本文化を伝えることでしょう。

www.hakuguri.jp