読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気まぐれ Art note

洲之内徹が連載した「気まぐれ美術館」に憧れてます。

OFFの日、美術展と高山陣屋へ

◼︎高山名家の着物展ー滝沢静江コレクションー@光ミュージアム

これが見たかったんです。チラシに書いてあるコピー読んでみてくださいよ。会場に行くと、もっと詳しい経緯を書いたチラシがあります。

「高山の旧家、小森家の蔵の中から、立派な桐の長持ちが鍵のかかった状態で出てきた。中を開けてみると、躾糸がついたままの手つかずの衣装がぎっしりと詰まっていた。」

だって。。。

どんな着物だろう。

(なんでこういうものこそオラんトコでできなかったんや。悔。)

という気持ちがあって、絶対見たかったんです。

f:id:karryart:20170514151413j:image

感想:とてもよかったです。

ま、でも、某美術館にも浮世絵と一緒に町の呉服屋さんが所蔵している見事な刺繍の着物が展示してあるし、ピンクの帯かわいいし、祭りの日の子供歌舞伎の衣装の展示なんて、すばらしい刺繍に多くの人がとっても驚いて、見入って帰られるんですよ。地域の財産なかなかのクオリティだぜ。

(負けてへんで)

 

f:id:karryart:20170514151416j:image

広重の名所江戸百景(版画)も観てきました。紅が印象的で美しかった。

いまは肉筆に囲まれて仕事しているけど、版画は版画でやはりいいものです。

休日らしい休日が最近ずーーーっとなかったので、とにかく美術展に行って鑑賞者の1人になって、リフレッシュしたかったです。。

 

 その後、高山陣屋に行きました。

職場にある期間だけの雇用条件で働きに来てくれた方が、高山陣屋でガイドボランティアしている人でした。その方から高山陣屋を教わって、ぜひ行ってみたいなと思い続けていました。その人は元県職で、バリバリ仕事できる人でした。正確で、静かで、ピシリと合わせてきて、無駄がなかった。お年は、、、おじいちゃんだけど、仕事ぶりを見て密かに尊敬していました。また働きに来ていただきたいな。来ていただけるくらいにならないとな。

f:id:karryart:20170519171211j:plain

f:id:karryart:20170519171328j:plain

f:id:karryart:20170519171505j:plain

 

岐阜県:国史跡 高山陣屋(公式ホームページ)

高山陣屋は、代官所。江戸時代の役所です。

 私、ここに来て歴史がどうのこうのより陣屋の屋根が気になってしまって。あの屋根は、板の切れ端を重ねて石を乗っけているあの屋根は、、、佐渡にもあるよな。というより、飛騨にいてよく見るなぁこの屋根のタイプと思って、ざっと調べたら金沢・富山・新潟など北陸全域にある(あった)もので、ほかは東北など寒い地方にもあるようです。

陣屋の屋根について → 高山陣屋見学会

f:id:karryart:20170519171608j:plain

f:id:karryart:20170519171633j:plain

f:id:karryart:20170519171656j:plain

f:id:karryart:20170519171722j:plain

内側から見た屋根。

f:id:karryart:20170519171757j:plain

板葺き屋根の作り方があったよ。

 

それから、

飛騨国で伐採されて幕府に納めた「御用木(ごようぼく)」の復元があり、材木の運搬方法などについても資料があり、大変興味深かったです。「運材図絵」というのがあるんですね。いい絵ですね。

f:id:karryart:20170519171848j:plain

f:id:karryart:20170519171908j:plain

 

f:id:karryart:20170519171920j:plain

f:id:karryart:20170519171932j:plain

 

f:id:karryart:20170519172010j:plain

わー、木組みの天井すごい。

某館の天井も木組みです。あの天井の木のぬくもりはもっと活かした形で修復し、外観は蔵をイメージしたというのだから、もっと蔵の雰囲気を出してリフォームすると、飛騨にある美術館の”ならでは”感が出て良いのではないかと、常日頃思っております。

 

f:id:karryart:20170519172026j:plain

桶樽、土間、かっこいい。

f:id:karryart:20170519172134j:plain

茶室。

 

 

f:id:karryart:20170519172234j:plain

 

いい休日でした。