気まぐれ Art note

洲之内徹が連載した「気まぐれ美術館」に憧れてます。

京都・南禅寺

禅宗のお寺を拝観してきました。

臨済宗大本山 南禅寺

 

南禅寺というと、レンガ造りの水路閣がフォトジェニックな場所だということで、多くの人が撮影されています。しかし、私にとって魅力的なのは、やはり境内の方丈にある襖絵です。桃山前期の狩野派の絵師達による障壁画がたくさんあり(国宝です)、今取り付けられているのは複製ですが、それでも息をのむ豪華さでした。内部は撮影禁止でしたので、写真はありません。でも、南禅寺に来たら疎水で引き返さず、一歩踏み込んで、拝観して、内部の美しさも堪能して、帰られることをおすすめします。 

 

f:id:karryart:20171106161423j:plain

山門(重要文化財)も圧倒的。

f:id:karryart:20171106161455j:plain

f:id:karryart:20171106161507j:plain

f:id:karryart:20171106161515j:plain

f:id:karryart:20171106161523j:plain

 

これが疎水。

f:id:karryart:20171106161540j:plain

f:id:karryart:20171106161615j:plain

f:id:karryart:20171106161631j:plain

f:id:karryart:20171106161651j:plain

f:id:karryart:20171106161725j:plain

庭園は、鎌倉時代末の代表的池泉廻遊式庭園。

作庭は、夢窓国師といわれる。

 

 

f:id:karryart:20171106161739j:plain

f:id:karryart:20171106161756j:plain

f:id:karryart:20171106161808j:plain

f:id:karryart:20171106161820j:plain

f:id:karryart:20171106161837j:plain

f:id:karryart:20171106161902j:plain

f:id:karryart:20171106161913j:plain

 

美しすぎて、言葉がでませんでした。

禅のお寺って、本当に美しい。

そんなところばかり見て歩いてしまいました。

私これでも、、、

18歳から22歳までは、ずっと座禅してたんですけれども。