気まぐれ Art note

洲之内徹が連載した「気まぐれ美術館」に憧れてます。

伝記

映画が好きで映画会社に入り、

初めて山形県庄内地方に伝わる「黒川能」を撮った人。

いま、82歳。私と同じ故郷の人です。

 

黒川能は 鎮守春日神社の氏子(農民)により500有余年継承されてきました。

地元の人による地元のための能で、外部の撮影は不可とされてきました。

集落の中に溶け込んで、立ち入れないはずの準備段階からずーっとカメラを回すわけです。

 

黒川能保存会公式ホームページ

http://kurokawanoh.com

f:id:karryart:20180218002725j:image

ご自宅にうかがうと、近所の小木海岸を撮影したという映像がビッシリ。

「時化るとみんな家に入るのに、時化に向かっていくなんてアンタくらいだ 」なんて言われながら、カメラを回すんだそうです。

波が美しいですね。

 

f:id:karryart:20180218002734j:image

おびただしい映像の記録がありました。映画はもちろん、NHKのドキュメンタリー、グレートジャーニー、それから佐渡の自然や植物、花々、神社仏閣などなど。

魅力的な記録だなぁ。。。

 

f:id:karryart:20180218171304j:image

かつて東京の出版社が出していたという、佐渡の観光フリーペーパーも見せていただきました。渋い内容だなぁ。10年前くらいですかね。

 

f:id:karryart:20180218171344j:image

ちゃらちゃらしてませんね。知的好奇心をくすぐる内容で。 

収支が合わなくて続かなかったんじゃ。。。

 

f:id:karryart:20180218171443j:image

ランチにお誘いいただいて、蕎麦屋さんへ。 

 

f:id:karryart:20180218171504j:image

 佐渡産のそば粉だそうです。それも小木の蕎麦なんだよとマスターから教えていただきました。店内に小木のそば畑が広がる写真もありました。

美味しゅうございました。

 

なんか。。。

82歳の映像ディレクターにお礼というか、、、

ずっと記録をとり続けてきた人を、今度は私が記録したい。

そんな気持ちになりました。