気まぐれ Art note

洲之内徹が連載した「気まぐれ美術館」に憧れてます。

佐渡産の蕎麦を食べるなら

佐渡でおすすめのお蕎麦屋さんといえば、

「三崎そば そば道場」

真っ先にここ!

私はここにしか連れて行きません。

f:id:karryart:20180301132343j:image

 

今年2018年4月から、営業は土日のランチタイムのみになってしまいました。 

それまでは、なにかあればすぐ顔を出して、店主とお話して、、、、

また来ますねって、ちょいちょいのぞいてました。

「こんにちわぁー」

「おお、来たか」

 

そんな関係でした。

 

f:id:karryart:20180301132438j:image

 

f:id:karryart:20180206162142j:image

店内に囲炉裏があるところも好き。店主が、小さい頃から囲炉裏がある家に育ったから、囲炉裏がないとどうも落ち着かなくてね、、、という理由で取り付けたそうです。私も囲炉裏が大好きです。

最初にこのお店を見つけたときにピンときて、

ああ、この雰囲気……

と思っていたら、やはりこのお蕎麦屋さんはゆかりがありました。

なんの「ゆかり」かは個人的な問題なので秘密でございます。

 

f:id:karryart:20180206162134j:image

ここのお蕎麦が1番好き。

ここのお蕎麦はね、佐渡の在来種の蕎麦種を育てて、刈り取って、石臼で挽いて(今はもう石臼ではないけど)、粉にし、それを打って、出しているですよ。どこかから粉だけとり寄せているのとは、訳が違うんです。 

 

f:id:karryart:20180301132543j:image身土不二」 

生まれ育った風土から離れて、別個に身も心もあるものではない。

 

f:id:karryart:20180301132711j:image 

f:id:karryart:20180301132741j:image 

f:id:karryart:20180301132803j:image

エントランス。入ってすぐ出迎えてくれる版画が、どなたの作品なのか、

私すぐわかります。

f:id:karryart:20180301132819j:image 

「もっと若い人が育たんといかんなぁ」と店主。

もっと在来種を大切にして、蕎麦を育てて、手ずから打つ若い人が増えてほしいそうです。 

そうだよね。

 

シーズンオフになって店主に時間ができたら、私も蕎麦打ちを習おうと思います。

三崎そばを伝授していただきたいと思います。

 

そのうち、博物館で蕎麦打って出すからね。佐渡産の蕎麦。