気まぐれ Art note

洲之内徹が連載した「気まぐれ美術館」に憧れてます。

白山ホワイトロードをドライブする。

白山信仰を追いかけて

白山ホワイトロードのドライブに連れて行ってもらったのは、ちょうど昨年の今頃になりますか。1年前ということですね。もう10年経ったような気がします。。。 遠いなぁ。遠いよ。まるで夢だったようです。

さて、石川県白山市岐阜県白川村にまたがる「白山」に、以前からずーっと興味がありました。いつか絶対山頂まで登りたいと思っています。

白山 - Wikipedia

白山登山のポータルサイト:白山ベストガイド【財団法人白山観光協会】

 

f:id:karryart:20180624174019j:plain

 

なぜ興味を持ったかというと、『ぎふ 山の生活 川の生活』(岐阜新聞社発行)という本を読みまして、「白き山を目指す人々」という見出しにこんなことが書かれていました。

「近代以前の航海法にある。『山あて』と称するもので、漁民や船頭たちが海上に出たとき、山を目印(あて)として船の位置を知る方法を用いていたことが知られている。船が沖に出ると、まず自分たちの浜が見えなくなり、奥の山々だけを目印として航海する。さらに沖に進むと、手前の山から順に水面に隠れていき、ついには半島の背骨に位置する山しか見えなくなる。この山は年中の大部分が冠雪した白き山であり、この山が見えなくなってしまうほど沖に出てしまうと進路の判定ができない『山無し』となり、『あて』にならない恐ろしい沖合に出てしまう。漁民にとって、白き山は自分の存在を確認できる最後の尺度であった」。

 

 

白山信仰白山神社は、佐渡にもたくさんあります。

佐渡では航海(漁業)の神様ですね。

白山信仰のつながりは興味がつきません。時間と経済的余裕があればあの辺り一帯をくまなく歩きたいと思っています。

岐阜では白山(しろやま)と読むようです。佐渡では(はくさん)と読みます。

私にとって白山といえば、「白山丸」ですよ。

karryart.hatenablog.com

 

 

 

 

白山ホワイトロードのドライブは絶景続きで最高でした。

 

f:id:karryart:20180624180449j:plain

f:id:karryart:20180624180538j:plain

f:id:karryart:20180624180620j:plain

f:id:karryart:20180624180727j:plain

f:id:karryart:20180624180846j:plain

f:id:karryart:20180624180930j:plain

 

 

写真がたくさんありすぎて、スライドショーにしました。


白山ホワイトロード2017 6 19

 

 

 

お別れのときに、

「これ、俺だと思って大事にして!」って

白いさるぼぼもらったよ。