気まぐれ Art note

洲之内徹が連載した「気まぐれ美術館」に憧れてます。

和尚のまかない飯

お寺で飯を食べさせていただいております。それは本当に、和尚の手作り飯です。きっかけは、お寺を良くするための仕事をしてください、その代わりにご飯を食べていくかい? だったと思います。で、食べさせていただいてから自分の寝ぐらに(住所不特定多数のジプシーだから)戻るわけです。

 

f:id:karryart:20180729122113j:image

夏は素麺。

 

f:id:karryart:20181110192056j:image

和尚お得意の、肉巻きアスパラ。しあわせ豆富。必ず山盛りサラダが出ます。

 

f:id:karryart:20181112180812j:image

山芋肉巻きソテー。野菜と大豆を使った料理が毎食必ず出てきます。

 

f:id:karryart:20181114193714j:image

おお、この日は秋刀魚でした。美味しかった。

 

f:id:karryart:20181118182926j:image

右奥が、豚肉とニラともやしのあんかけ。これも和尚お得意の一品です。安価な材料で健康的に食べるんだそうです。

 

私は、実はあまり食事に興味がなくて、ほっとくとロクな食事をしません。面倒くさくなると食べない日もあるし。金もないし。そう、金がない! ったく誰を恨めばいいのか。腹が立ちますね。ぬくぬくしたヤツ。もっと仕事してない誰かさんの報酬下げてもいいんじゃねーか! と思っちゃいます。

 

 

きちんと食べて、いい仕事をしてください、が食事代。

お寺さんに生かされて活かされて、

今日もなんとか生きています。